ちょっとおやすみ


by bunnys13

リターン@韓国映画

キム・ミョンミン主演の韓国映画。
「手術中覚醒」という、手術中麻酔をしているにもかかわらず意識が覚醒し痛みを感じてしまうという症状がキーワードとなったメディカル・サイコ映画。
もうキーワードからして痛そうなうえに残酷映像満載ということで見るのを今まで躊躇していた作品。

「残酷映像イヤ」VS「ミョンミン見たい」

でしばらく葛藤しましたが、後者が勝利しました。
ミョンミン氏は白い巨塔につづき、またもやエリート外科医役。
しかし同じエリート外科医にもかかわらず、財前五郎とは明らかに違うオーラを出していて、さすがだなと思いました。

でもこの映画ミョンミン氏より意外と他の役者が良かったです。
イケメンは出ていませんが個性派演技派ぞろい。
精神科医役のキム・テウにいたっては、おっさん化するためにわざわざ体重を増やしたそうです。
なんだこのおっさん、と思った方、彼の思うツボです。

でもやっぱりちょっと内容がつめが甘いというかなんというかそれはちょっと無理な設定では、というようなところが多く、してやられた感も薄く、残酷映像を手で隠しながら耳をふさぎながら見たことを考慮しても☆は2個、ってとこですな。ミョンミン氏出てなかったら1個半!
[PR]
by bunnys13 | 2009-03-01 00:55 | その他