ちょっとおやすみ


by bunnys13

動物に関する言葉

韓国語で、動物に関する言葉を集めてみました。

・꿩먹고 알먹고(キジを食べて卵を食べて)
これは、一度に二種類以上の利益を得る時に使う言葉です。
日本語でいうと一石二鳥とか一挙両得とかですね。
ちなみに韓国語でも일석이조(一石二鳥)という言葉もあります。
また、同じ意味で
마당 쓸고 동전 줍고(庭を掃いて小銭をひろって)
누이 좋고 매부 좋고(姉が良くてそのだんなも良くて)
とかも言うそうです。

・호랑이를 잡으려면 호랑이굴에 들어가야 한다(虎を捕まえようとすれば、虎の洞穴に入らなければいけない)
何か問題がある時、それを避けるんじゃなく解決しようとするなら、あえてその問題にぶつからなければいけない、という意味のことわざだそうです。
ちなみに「虎穴に入らずんば虎子を得ず」は호랑이 굴에 가야 호랑이 새끼를 잡는다と言います。

・가재는 게 편이다(ザリガニは(どちらかというと)カニ寄りだ)
似たような種類とか立場のものを、どちらかに分類するとき使う慣用句です。
私的にはザリガニはどっちかというとエビチームな気がするけどな~

・개천에서 용이 났다(小川から竜が出た)
貧しかったり良くない環境から、素晴らしい人物が出た時に使うことばです。
なるほどね~。

・까마귀 날자 배 떨어진다(カラスが飛んだら梨が落ちた)
カラスが飛んだとき、偶然に梨が落ちて、まるでカラスが梨を落としたように見えること。
つまり、ある出来事を直接関係の無いことなんだけど、偶然時間が重なって他の人から見るとその人がやったことのように見えることを言います。
なんか日本語変かな~(ーー;)スミマセン

・고래 싸움에 새우등 터진다(クジラのケンカに、エビの背中がはじけて裂ける)
強者のケンカで、弱者がとばっちりを受けることを言います。
ちなみに새우등(エビの背)は、猫背という意味もあります。
余談ですが韓国にもクジラはいるそうです。
でも食べたことは無いそうな。食べるものじゃないと言われました。おいしいんだけどな~。

・닭대가리(にわとりの頭)
そのまま、鶏頭のこと。
닭다리(鶏の足)は足首がすごく細い人のことだそうです。
足全体が細いのは새다리(鳥の足)
足が太いのは코끼리다리(ぞう足)。日本語と同じですね。
丸い涙は닭똥눈물(鶏のフンの涙)。汚いですね(笑)
ちなみに韓国では両手をこすり合わせると닭똥냄새가 난다(鶏のフンの匂いがする)と言うそうです。しませんよね~?(笑) というか、鶏のフンがどんな匂いなのか知らないけど・・・
びっくりお目目は토끼눈(うさぎ目)だそうです。
とってもウエストの細い人は개미허리(アリの腰)。
とっても高いところから下を見ると、人が개미(アリ)のように見えるそうです。日本では米粒とか豆粒に見えますよね。ゴマもありか。

붕어 기억력 3초(フナの記憶力は3秒)
そもそもフナに記憶力があるのかがあやしいですね(笑)
[PR]
by bunnys13 | 2006-11-04 01:26 | 韓国語/文法・用語・言い回し