ちょっとおやすみ


by bunnys13

ジビエの季節

ジビエ好きのみなさん、ジビエの季節ですね!!
先日、秋になったら何を食べるか?という話をしていたときに、私はジビエを食べるよ、と話したところ、韓国人友達が食べた事が無いというのでジビエの説明をしようと思ったのですが、

ハッ

鹿・・って何だっけ?
えーと。雷鳥は?えーと。鴨はわかるけどホロホロ鳥って!?うずらって!?
・・・と、知らない単語ばかりで一瞬固まりました。

しょうがないので、鹿を説明するのに「えーと、ほら、あの나라에 있는(奈良にいる)...」
と言ったらわかってもらえました。友達は以前奈良旅行をしていたので・・・(汗)
でも厳密に言うとあの鹿とは種類が違うんですけどね。

そして、ジビエの説明をするのにまた一苦労。わからない単語がボロボロ出てきて収集がつかなくなりました(笑)
というわけで、もし次に同じような説明をする時の為に、作文しておこうと思います。

-----------------------------------------------------------------
지비에는 자연의 상태로 살아있던 동물을 사냥한 거라서
우리가 항상 먹는 사육된 소고기나 돼지고기와 다르며
한마리 한마리가 다른 맛이 나요.
ジビエは自然の状態で生きていた動物を狩ってきたものだから、
私達が普段食べている、飼育された牛や豚と違って、ひとつひとつ全て味が違います。


야생동물이 뭘 먹고 어떤 생활을 하고 있었는지 몰라서요.
그래서 지비에 요리는 같은 동물이라도 그날에 입하한 상태에 따라
어떤 요리가 되는지 정해야 하대요.
이야 말로 자연의 은혜이네요.
野生の動物が何を食べて、どんな生活をしていたのかはわからないから。
だから、ジビエ料理は同じ動物でもその日入荷した状態によって
どんな料理にするかを決めなければいけないそうです。
これこそ自然の恵みですね。


그래서 지비에 요리를 먹으려면 지비에 요리의 솜씨 뛰어난 요리사가 있는 가게를 선택하는게 비결이에요.
요리사마다 이익 서툼이 있기 때문이에요.
だから、ジビエ料理を食べるなら、ジビエ料理の腕のいいシェフがいるお店を選ぶのがコツです。
シェフによって得意不得意があるから。


왜 지비에를 가을에 먹냐는 옛날에 유럽에 귀족들이 가을에서 겨울에 걸쳐 사냥을 하는게 상류사회의 하나의 즐거움이 였으니까요.
그리고 야생동물은 겨울이 오기 전에 몸에 영양을 비축해 두어요.
그래서 이 계절에 지비에가 맛있답니다.
なぜジビエを秋に食べるのかというと、昔、ヨーロッパの貴族達が秋から冬にかけて狩りをするのが上流社会のひとつの遊びだったからです。
そして、野生の動物は冬になる前に栄養を蓄える準備をします。
だからこの時期のジビエがおいしいんです。



鹿 사슴
雷鳥 뇌조
ホロホロ鳥 색시닭
うずら 메추라기
[PR]
by bunnys13 | 2006-11-05 23:27 | 韓国語/翻訳