ちょっとおやすみ


by bunnys13

韓国のことわざ

暇なのでひさしぶりにことわざでも。

가랑비에 옷 젖는 줄 모른다
가랑비=霧雨のことです。直訳すると、「霧雨に服が濡れるとは思わない」ですが、つまり、霧雨(小さなこと)だと思って気にしないでいると、あとで濡れることになる(ひどいめにあう)という意味。

남의 잔치에 감 놓아라 배 놓아라 한다
直訳「他人の祝宴へ行って、柿を出せ、梨を出せと言う」
つまり、何の関係も無いのに、他人の事にとやかく言うということ。
잔치=日本語に訳すと「パーティー」くらいでしょうか。
결혼잔치(結婚パーティー)、 생일잔치(誕生パーティー)というふうに使います。
また、잔치単独で「結婚式」という意味もあるようです。
ちなみに、「놓아라」は、「내놓아라」の略ですね。

다 된 죽에 코 풀기 or 다 된 밥에 코 빠뜨리기
直訳「ほぼ出来上がったおかゆに鼻をかむ」「ほぼ出来上がったご飯に鼻をたらす」
何かをやり遂げる直前に何か失敗をすることを言います。
例:이 프로젝트도 겨우 다 됬네. 다 된 죽에 코 풀지않도록 조심해.(このプロジェクトもやっと完成だな。最後にミスをしないよう、気をつけろよ。)

하늘이 무너져도 솟아날 구멍이 있다
直訳「空が落ちてきても希望の穴がある」
日本の「棄てる神あれば拾う神あり」って感じでしょうか。
何かのドラマで、破産した人が新しい事業の話を持ちかけられ、「하늘이 무너져도 솟아날 구멍이 있다니 정말이네...」のように使っていました。

아닌 밤중에 홍두깨
直訳「夜中に洗濯棒」
홍두깨とは、昔、洗濯物を干す時、洗濯物を叩くために使った棒のことらしいです。
夜中に洗濯棒だなんて突拍子も無いということで、すなわち「寝耳に水」のように、驚いたときに使う言葉だそうです。
それもあまりよくない場合に使うようです。この前ためしに使ってみたらほめられました(笑)
「갑자기 아배총리가 사임하다니 아닌 밤중에 홍두깨야~」(突然阿部首相が辞任するなんて、寝耳に水だよ。)
似たようなことわざに、자다가 봉창 두드린다っていうのもありますね。

오뉴월 감기는 개도 아니 앓는다
直訳「6月の風邪は犬もかからない」
夏風邪は犬もかからないのに、あんたなんで夏風邪なんかひいてるの?ってからかったりするときに使うようです。

종로에서 뺨 맞고 한강 가서 눈 흘긴다(화풀이 한다)
直訳「鐘路でビンタされて、漢江でにらむ(腹いせをする)」
やられたその場では何もできず、違うところで腹いせをすることを言います。
なんでチョンノなのか知りたいところですが(笑)

간에 가 붙고 쓸개에 가 붙는다
直訳「肝臓に行ってくっつき、胆嚢へ行ってくっつく」
つまり、あっちへ行っていい顔をし、こっちへ行っていい顔をする、自分の主張の無い人をさして言う言葉。

--------------------------------
わりと聞く頻度の多いことわざを選んでみました。
こういうの知ってると、ドラマや映画を見ていて理解力が違ってくると思います。
慣用句もしかり。けっこう多用されてますから少しずつ覚えていきたいです。
[PR]
by bunnys13 | 2007-10-08 20:05 | 韓国語/文法・用語・言い回し