ちょっとおやすみ


by bunnys13

갑갑하다と답답하다

갑갑하다
답답하다

このふたつは、辞書をひくと両方「息苦しい、息が詰まる、窮屈だ」
のような意味になっていますが、使うときには区別して使わなければなりません。
特に自分に対して使う時、注意が必要です。

갑갑하다は物理的な空間において窮屈だ、息苦しい、という意味で使われ、
답답하다は、もっと心理的な意味で使われるそうです。

갑갑해서 잠깐 집을 나왔다.
답답해서 잠깐 집을 나왔다.

上の例文は、日本語に訳すとどちらも「息苦しくて少し家を出てきた。」ですが、
この文章でわかることは、前者の家は狭いんだな、ということ、
後者の家には何か問題があるんだな、ということです。

なので、主語をつけるとしたら、
집이 갑갑해서 잠깐 집을 나왔다.はオッケーですが、집이 답답해서・・はNGです。
답답하다のは、家ではなくて自分の心だからです。

なんとなく、違いがわかるでしょうか。

ちなみに、他人に対して使う時は、どちらもおしなべて同じように使っておっけーだそうです。
그사람은 정말 갑갑한 사람이네.
그사람은 정말 답답한 사람이네.
これは両方同じ意味ですって。
ややこし、ですね。
[PR]
by bunnys13 | 2007-12-17 00:47 | 韓国語/単語