ちょっとおやすみ


by bunnys13

カンマエ名場面集 No.3

강마에:내 악장입니다. 여기 이 사람들 내 오케스트라 악장이고 내 단원들입니다.
함부로 무시하는거 나 못 봐줍니다. 이 사람들 무시하는 권리는 오직 저 한테만 있습니다. 냇거입니다. 시장이 아니라 대통령이 와도 그거 월권 못 합니다!
(4話)



カンマエ:私の楽長です。 ここにいる彼らは私のオーケストラの楽長であり私の団員達です。
むやみに切り捨てるのを見逃せません。
彼らを切り捨てる権利は、ただひとえに私だけにあります。私のものです。
市長じゃなくても大統領が来ても越権できません!

--------------------------
市長がオーケストラの様子を見に来て経歴の無い団員達を侮辱し、楽長に辞表を出せと言った時カンマエが激怒して言った言葉。

権力に屈せず、自分の団員達が侮辱されるのを決して許さない(自分は侮辱しまくりなんだけど)カンマエの姿に惚れた人も多い・・・はず。

しかしこのあと「公演で客の反応が悪ければ一生市長の足マッサージをして差し上げましょう」と市長に約束したカンマエですが、「指揮者と団員とは一心同体じゃないか。」と楽長を感動させながら、「だから公演が失敗したらお前が市長の足マッサージをしろ。」と足マッサージの刑を他人になすりつけます(笑)
[PR]
by bunnys13 | 2008-11-16 23:59 | 韓国語/翻訳