ちょっとおやすみ


by bunnys13

カテゴリ:食/フレンチ・イタリアン( 27 )

Aila@恵比寿

b0060042_0112928.jpg

フレンチ・コロニアル、というジャンルです。
つまりフランスの植民地料理なわけですが・・・ここのタジン鍋(モロッコのお鍋)を食べたくて行ってきました。
b0060042_0132177.jpg

前菜はサーモンの燻製温度卵。
温度卵って??と思ったら、温泉卵と同じなんですが温泉で作ったわけではないので・・・とのこと。
なんと律儀な。
うーん ワインのおつまみですな、これは。なかなか美味しかったです。
b0060042_016575.jpg

お次は待ちに待ったタジン鍋!
中身はホロホロ鳥と紫芋、玉ねぎ、オリーブ。
タジン鍋はタジン鍋を使えば全てがタジン料理になるそうですが、素材の味を活かしたやさしい味でした。
けっこう甘みが強かったです。
b0060042_0193653.jpg

b0060042_0225871.jpg

お次はモロッコ風仔羊と野菜のクスクス。パプリカがきいていてピリ辛でおいしい♪
b0060042_0232922.jpg

もうここまででおなかいっぱいだったのですが・・・ワインとチーズでもうすこしゆっくりすることに。
b0060042_0245415.jpg

お店の人も感じがよく、くつろげる雰囲気でなかなか良かったです。
おいしいものを食べて楽しくおしゃべりして、しあわせ~。
[PR]
by bunnys13 | 2009-06-21 00:27 | 食/フレンチ・イタリアン

ボタニカ@六本木

b0060042_23453394.jpg

この写真はボタニカじゃありませんが・・
あまりにも気持ちの良い天気だったのでテラスでのんびりランチしたくてここへ。
コンランのデザインによるインテリアのレストラン。銀座のアイコニックも同系列です。
b0060042_23474347.jpg

目の前の緑と高層ビルを眺めながら・・・チョナンカンが逮捕された公園も眺めながら・・・これは新玉ねぎのムース。ほんのり甘いです。
b0060042_2349881.jpg

帆立の小柱と春キャベツのパスタ。
味付けはしっかりめ。シャンパンが飲みたくなりますが仕事中。。がまんがまん。
しかしこんな昼下がりっからワインクーラー万端で若い女子をくどいている30代くらいの男って・・・いったい何してるヒト??(きっと私も人の事言えないけど)
b0060042_23542394.jpg

デザートも可愛いガラスの器に入ってきました。
でも食べにくいね・・

ランチをしっかりとったので夕飯はキャベツ(あっ、かぶった)と海女さんのとったもずく巣とりんご。
色々治療中です。
[PR]
by bunnys13 | 2009-05-15 23:58 | 食/フレンチ・イタリアン
b0060042_2262574.jpg

今日は韓国語能力試験を受けたあと、クラスメートと一緒に神楽坂までぶらぶらお散歩。
途中カルミネおじさんのお店があると教えてもらい、ランチしました。
これで2100円なんて安っ。
カルミネおじさんのお店は青山店に行ったことがありますが、なんだか印象が違いました。
ここのは全体的にしょっぱくてちょっと昔のイタリアン・・・な印象。

そのあとテオブロマのジェラテリアへ。
b0060042_22121176.jpg

おなかいっぱいなのに欲張ってダブルを・・・
チョコレートといちごミルクです。
今日はもう夕飯食べません・・。

b0060042_22122816.jpg

まだ明るいうちに家に戻るなんてひさしぶり!
この間買った白山陶器の箸置きの撮影なんかしてみたり。。
近所のエステにぶらっと立ち寄り、クリームバスとアロママッサージでうっとり~
髪の毛洗ってもらったからもうあとは寝るだけ。

天気もよくってお散歩もしておいしいもの食べて明るいうちにおうちに帰れてなんか今日はとってもしあわせ。るるる~
[PR]
by bunnys13 | 2009-04-19 22:18 | 食/フレンチ・イタリアン

プティ・トノー@虎ノ門

b0060042_14522614.jpg

無機質なビルの合間にぽっかりとある小さなビストロプティ・トノー。
こちらはあの料理の鉄人坂井さんに勝ったフィリップ・バットンさんのお店。
私が東京に住み始めた当時、九段下のお店に何度か行っていたお気に入りのお店だったのですが、虎ノ門にもお店があったとは知りませんでした。繁盛してるみたいで嬉しい限りです。

ここはお店の雰囲気がとっても良いです。
バットン氏いわく、日本のフランス料理は完璧だが、サービスだけが不満だと。
そんなわけでこのお店に行くと、フランス人のギャルソンが超フレンドリーに接してくれます。
内装も全てフランスから輸入し、フランス人の手による設計だそうで、場所柄か客も外人が多く、ここはどこ?な錯覚に陥ります。
隣の席に座っていたフランス人達は、「にんにく屋」について熱く語ってました。。(聞き取れる単語は「にんにくや」のみ(笑))

残念ながらお料理のほうは、私の舌が変ってしまったのか、それともたまたまチョイスが悪かったのか、??な感じでしたが、仕事の合間にプチフランスへ現実逃避するには良い空間。
また来ると思います。
b0060042_15124274.jpg

[PR]
by bunnys13 | 2009-03-06 15:13 | 食/フレンチ・イタリアン

salt@新丸ビル

b0060042_2315463.jpg

フレンチをベースとしたモダン・オーストラリア料理を食べられるお店、「salt」へ行ってきました。
最近マイブームなオーストラリア料理。といってもまだ2件目ですが。。。
一緒に行った友達が「オーストラリアといえばオージービーフくらいしか思い浮かばない」と言ってましたが確かに。私もオーストラリアといえば真っ先に三角のマークのオージービーフが出てきます(笑)
が。こちらのメニューはシーフードが多い印象。確かに海に囲まれてますからね~。
真っ先に出てきたのはアミューズの鶉の卵。
これ、半熟なんです。鶉の卵を半熟にするのって相当大変だと思いますが・・・黄身はとろっと、白身はしっかりと。ちゃんと半熟でした。まぶしてあるシーズニングもよく合っていて、次のお料理への期待がぐっと高まります。
b0060042_23232838.jpg

マッシュルームのリゾットとルッコラと洋ナシのサラダ、トリュフソース。
このマッシュルームのリゾットが。。。マッシュルームとトリュフの香りだけでご飯3杯くらいいけそうでした。サラダのほうも、ルッコラと洋ナシとペコリーノチーズが見事なマッチング♪
b0060042_2333261.jpg

メインは西オーストラリア産ロブスターのバニラバターポーチ。
西オーストラリア産のロブスターって日本ではなかなか珍しいそうです。塩分濃度が高く、海水の温度も低いところにいるので身が引き締まり、甘みが絶品なのだとか。
ロブスターの殻を使ったソースがこくがあってとっても美味でした。
また違うお料理も試してみたいな。
b0060042_2340558.jpg

一旦お店を出て、ig caféでお茶しました。フレンチタイプのカフェ、ですって。
今日の丸の内、満足。
[PR]
by bunnys13 | 2009-02-04 23:42 | 食/フレンチ・イタリアン

精養軒@上野

b0060042_23235269.jpg

上野の杜に佇む老舗洋食レストラン、精養軒。
有名なハヤシライスを食べてみたくて寄りました。
b0060042_23245679.jpg

ルーは別の容器に入って出てきたのですがご飯にのっけてみました。
あーなんか食べたことある、この味。
きっとレトルトかなんかで食べたんだろうなぁ。
ハヤシライスは、ここ上野精養軒の林さんというシェフが賄いで作ってから出来た料理だそうです。

平日の午前中だったからか、お客さんはまばらでしたが、初老の上品なおじいさんが「今日のスープは何?」なんてウェイターに話しかけていたりして。常連さんなんだろうなあ。
私も80歳くらいのおばあちゃんになったら、毎日ここにダンディーなおじいさん彼氏と洋食を食べに来たいなぁ。
「あのおばあちゃんいつも違う男連れてるよね」なんてウェイトレスに噂されたりして。
[PR]
by bunnys13 | 2009-01-28 23:34 | 食/フレンチ・イタリアン
b0060042_1401432.jpg

リヨンのブションが神楽坂にあると聞いてさっそくやってきました。
平日の午前中だというのにこじんまりとしたお店の中はマダムでいっぱい!
ランチの一番小さいコースを頼みました。
b0060042_1424455.jpg

グリーンサラダと、レンズ豆のサラダ。
このレンズ豆のサラダがめちゃめちゃおいしかった。
これだけ持って帰ってパンにつけて食べたい!
パンがこれまたもっちもちでカリッカリで小麦粉が甘いんです。
しかも、コースについていたグラスワインがものすごく飲みやすくておいしいの。
この時点ですでにパンとレンズ豆とワインで満足してしまった私。
b0060042_147438.jpg

これはお友達が頼んだメイン。クネルっていうんですって。鯛(だったっけ?)のすり身を甲殻類の深い味わいのベシャメルソースで焼いたもの。
はんぺんみたいです。私はベシャメルソースが微妙に苦手なので、冒頭写真のサムギョプサル・・・ではなく、豚にしたのですが、すごく軽いソースだったので、こっちにすればよかったかな。
あ、でも豚もおいしかったです。付け合せのキャベツやマッシュポテトがおいしいのは嬉しい。
調子に乗ってワインとパンをおかわりしてしまって、はちきれそうになって幸せでした。
また行きたい。他のメニューも試してみたいです。
[PR]
by bunnys13 | 2008-12-28 01:54 | 食/フレンチ・イタリアン
b0060042_22415192.jpg

トマト料理専門のお店。
友達と、去年から行こう行こうと言っていたにもかかわらず、二度予約いっぱいでフラれ、三度目の正直でやっと実現しました。
行ってみると、思っていたより狭い店内。レストランというよりはカフェのような雰囲気でした。
b0060042_2250721.jpg

最初に出てきたトマトジュースは、砂糖が入ってるんじゃないかと疑ったくらい甘い!
聞けば、砂糖は入っておらず、お塩が少し入っているだけだそう。
とってもあま~いトマトでした。

トマトのサラダは綺麗に湯剥きしたまるごと桃太郎。
メインのお魚は、グリルされたトマトとフレッシュなハーブとバルサミコ酢のソースが絡まっておりました。

パンにもドライトマトが練りこまれてあり、ほかほかにあたためられて出てきます。
写真は無いけどトマトの入ったスープも出てきます。

デザートはトマトジャムのロールケーキと、ハート型にくりぬいたトマトを練りこんだベイクドチーズパウンドケーキ。くり抜いた外側のケーキはどこへ行っちゃうのだろう。。。最初からハート型に入れて焼くのだろうか??

ランチの後、期間限定の高野山カフェへ写経をしに行きました。
大人気のようで、整理券を貰い、開始まで少し時間があまったのでそのへんをぶらぶらお散歩。
食器屋さんで、食器ではなく食べ物のコーナーをじっと見ていたのを指摘されました・・・。

時間になったので写経会場へ。
最初にニッキ?ハッカ?のような粉でお清めするように言われ、言われるがままに粉をつまんで手にすりこみました。
お友達はすりこみすぎて生命線がお粉だらけになってました。

靴を脱いで座布団の上へ。
会場はけっこうな人。若い人ばっかりです。
最初にお坊さんのお話を聞き、そのあと少しだけ読経して、写経をはじめます。
紙の裏には既に字が印刷してあって、それをなぞる感じ。
それでも難しい漢字が多くって、何を書いてるんだか自分でわかりません。

最後にお願い事を書くんだけど、みんないろんなお願い事をしていたみたい。
「家内安全」とか「恋愛成就」とか「合格祈願」とか具体的に書いてもいいし、あまり願い事を表に出したくないときは「心願成就」って書けば良いそうです。

私もお願い事を書いて、1000円払って高野山に奉納してもらってきました。
久しぶりにまともに正座なんてして足がしびれてはちきれそうで、はやく終わらせたくて殴り書きしてしまったので仏様に呆れられそうですが・・・足のしびれには勝てませんでした。大目に見てください。

写経なんて初めてしたけど、意外と面白かった。
というか、なぜかけっこう辛かった・・・
普段使わない何かを使ってる感じ。
でも正座は無理だ!次は椅子でお願いします。
[PR]
by bunnys13 | 2008-09-07 23:45 | 食/フレンチ・イタリアン
b0060042_23321813.jpg
暇ってステキ!
平日の昼間じゃないと来れないわ~、な六本木のひとりロブション。
ここはサーヴィスがとても気持ちがいいので、一人でも怖くありません。
b0060042_2335228.jpg

この日は前菜とメインの一番小さいコースを。
食前酒にミモザを頼んで、パンをつまみながらお料理を待ちます。
b0060042_23333951.jpg

前菜には帆立を選びました。
このあいだウィンザーでも食べたなぁ。やっぱりあっちのほうが大きかった。
b0060042_23372654.jpg

メインはハーブ豚。下のクラッシュしたポテト(マッシュまでなめらかじゃないのです)と上のハーブと豚ちゃんを一緒に食べるとなんともいえないハーモニー。
このハーブがかわっていて、聞くとなんとかの葉と、なんとか菜(二回も聞いたのに忘れた)なんだとか。どっちもピリッとしていて、初めての味。
サーヴィスのフランス人っぽいおじさんが、何度も「おいしい?」って聞くから、そのたびに「グ~」と答えてました(笑)。

ひとりで行ってもみんなかまってくれるから寂しくないです(笑)。
暇を見てまたこよう。
b0060042_23304422.jpg

[PR]
by bunnys13 | 2008-08-25 23:56 | 食/フレンチ・イタリアン

ウィンザーホテル洞爺

b0060042_20424552.jpg

サミットの行われた、ウィンザーホテル洞爺でランチをしてきました。
b0060042_20493355.jpg

この日はあいにくの曇り空。ガスがかかっていたため、眺めはあまり良くありませんでしたが、それでも山の頂上から見下ろす洞爺湖は、何度見ても綺麗です。
b0060042_20505694.jpg

ランチは、メインダイニングの「ギリガンズアイランド」で。
本当はミシェル・ブラスに行きたかったんだけど、コースは18,900円のしかありません。
三人分は出せないよ~、ということでこちらのレストランにしました。
前菜、パスタ、メイン、デザートのコースで5,510円。
パンがオテルドカイザーのもので嬉しい♪前菜はタコのカルパッチョです。タコが新鮮でおいしい!
b0060042_20571538.jpg

パスタは、きのこと生ハムと水菜のクリームパスタでした。
クリームが濃厚でこれもとってもおいしい。
b0060042_20584027.jpg

そしてメインは帆立とタラのポワレを選びました。
北海道に着いてから、毎日散々新鮮な海の幸を食べていたからか、このタラにはちょっと納得がいきませんでしたが。。。帆立は甘くてとってもおいしかったです。
でもこの辺産のなら、もうちょっと大きいと思うんだけどなぁ?
付け合せの野菜がおいしかったのはたぶん地元産のを使ってるんだろうなぁ。
この辺は野菜もおいしいですから。
b0060042_2104898.jpg

デザートは普通。フルーツとハスカップのムースとくるみのケーキでした。

ダイニングだけど、雰囲気もサービスも味もとっても良く、満足でした。
隣のテーブルでは某俳優さんが同じものを食べていました。

子供の頃から何度も見ている洞爺湖ですが、こういう場所から見るとまた違った風に見えておもしろいですね~。
ダイニングの窓からは、晴れていれば羊蹄山やルスツの山まで綺麗に見えるはずで、気持ちがいいだろうなぁ。山の上なので、この日のようにガスがかかっているとあれなのですが。。それはそれで幻想的で良かったですけどね。
また行きたいです。
b0060042_2173464.jpg

風の気まぐれでたま~に顔を出す洞爺湖の中島。
[PR]
by bunnys13 | 2008-08-23 21:12 | 食/フレンチ・イタリアン